近代日本史で最も激動の時代と言えば、1925年から1945年(大正14年から昭和20年)である。日本は1929年から1930年初頭に昭和恐慌の打撃を受け、1931年の中国東北部の日本軍による占拠が発端となり1937年に日中戦争勃発、続いて1941年の太平洋戦争へと情勢が急転していった。当時の日本の子供たちや若者らはどんな日々を過し、どんな教育を受けていたのだろうか。このウェブサイトでは、それらを解明しながら、英日両言語の教材と研究資料を提供する。資料はマンチェスター大学研究プロジェクト「1925年から1945年の近代日本における子供時代、教育、および青年の回想と記録(Remembering and Recording Childhood, Education, and Youth in Imperial Japan, 1925-1945)」に基づく。プロジェクトの詳細はこちら